メリット・デメリット

太陽光発電導入によるメリットとデメリットを比較してみましょう。

メリット

光熱費ダウン

日中発電した電気を家庭でそのまま使うことができるので、その分電力会社から買う必要がなくなり、電気代の大幅な削減が期待できます。

余った電力を売電

日中、発電した電力を自宅の電灯や電気製品に使うほか、余った電力は電力会社に売却することができます。よって、昼間にほとんど電気を使わない家庭は、発電した電力のほとんどが売電にまわりますので電気代は大幅に安くなります。

災害時に活用

万が一の災害時でも、天候さえ良ければ、自立運転機能により専用コンセントを用いて電気製品が使用できます。テレビやラジオのコードをつなげば、情報収集の面で大きな助けとなります。

地球に優しい

発電システムの主流である火力発電で使用される化石燃料の消費削減や、それに伴い発生する二酸化炭素の排出量を抑えることができます。また、発電した電力を自己管理することによって、自然と節電に対する意識が高まり、省エネ意識の向上にも繋がります。

パネルの素材の寿命が半永久的

太陽光発電のパネルに使用されているシリコン素材は、寿命が半永久的で取り替える必要はまずありません。わずらわしいメンテナンスや保守点検の手間も不要です。

デメリット

家屋の外観に影響する

最近では、デザイン性に優れたソーラーパネルが出てきてはいるものの、通常の屋根に据え置くタイプのソーラーパネルでは、せっかくのデザイン性が損なわれる場合もあります。

発電量が立地や天候に左右される

発電量は天候や家屋の立地条件に影響されます。日照量の少ない雨や曇りの日は発電量はあまり見込めません。また、家屋の立地条件にも発電量は影響されます。

蓄電機能がない

太陽電池には蓄電機能はないので、夜間や太陽光のない場所では使用できません。(※蓄電システムを導入することで補えます。)

WORDS

用語集