産休・育休制度について

産休・育休制度について

社員の未来を応援します!!!

社員が仕事と出産・育児を両立させるためのサポート制度があります。

女性社員も男性社員も実績があり、変わらず復職し職場で活躍しています。

  • 出産・育児のための休暇・休業制度

    ● 産前、産後休暇
    産前6週 産後8週

    ● 配偶者の出産休暇
    2日間の有給休暇

    ● 育児休業
    出産後、最長で子供が満2歳になるまで休職可能

  • 母性健康管理

    妊娠中又は、産後1年を経過しない女性が請求した場合は、時間外労働、深夜労働及び休日労働はさせない。

  • 子育てと仕事の両立のための制度

    ・ 育児短時間勤務
    ・ 所定時間外労働の制限
    ・ 法定外労働の制限




育児休業体験記

女性社員から、制度を利用した際の感想が届きましたので、掲載いたします。

    水戸支店 A.S(♀)


    入社3年を過ぎ仕事にも慣れて来た頃、第二子の妊娠が発覚しました。
    私自身、2人目が欲しかったのでとても嬉しかったのですが、それと同時に、産電は過去に産休・育休を取得した方がいなかったため、今後どうしようという不安な気持ちになったのを覚えています。

    しかし、このままでいても仕方がないので、まず上司へ報告をしました。
    すると「おめでとう!!」と自分のことのように喜んでくださり、本当に嬉しかったです。その後、社長へ報告すると「育児休暇を取得してまた戻っておいで」と温かいお言葉をいただきました。
    この言葉で不安だった私の気持ちはすべて消えました。
    勤務の面でも考慮して下さり、体調がすぐれない時は早退させていただくなど臨機応変に対応してもらったため、非常に助かりました。

    私が在籍している支店には当時男性の営業さんしかいなかったのですが、皆さん体調を気遣ってくれたり、重い荷物を持ってくれたりと何かと気にかけてくれました。
    そのため、安心して妊婦期間を過ごすことが出来ました。
    休職1か月前には後任の方も来てくださり、仕事を引き継いでいくうちに「本当に産むんだな…」という実感と緊張と不安が押し寄せてきました。
    産休直前には支店メンバーが「お疲れ様!出産頑張れ!」と食事会を開いてくださり、よし!!頑張ろう!という気持ちになりました。

    そして出産予定日の6週間前から産休に入り、予定日の4日前に無事娘を出産することができました。
    産後、最初の3か月は子供も小さく自分自身の身体も回復しておらず、ただひたすら無我夢中に過ごしていました。 その後、少しずつ余裕が出てきて、会社への復帰のことも考え始めるようになりました。

    出産してからは育児に明け暮れた日々を送っていたので、仕事に復帰できるのかと心配でしたが、育休中も会社の方と連絡を取ったり、実際に会って話をしたりする機会がありました。その際、重要な会議の内容なども情報共有してもらえたので、復帰への不安も少しずつ解消されていきました。
    娘もお兄ちゃんと同じ保育園に通えることが決まり、復職への準備が少しずつ整っていきました。
    復帰後は、支店メンバーや他支店の方々が丁寧に仕事を教えてくださり、思っていたより何倍もスムーズに職場へ戻る事ができました。

    子育てに関しては、子供たちと過ごす時間が私より保育園の先生の方が長いため、愛情不足になるのでは…と思う事もありましたが、今では一緒にいる時間の長さではなく濃さが大事なのだと感じています。
    そして限られた時間だからこそ、やれる事があるのだという事にも気付きました。 今では会社の一員として、母として、妻として、まだまだ足りない部分は多くありますが、周りの助けを借りながら、自分なりのやり方を探しているところです。

    最後に、多くの方の理解と協力のおかげで娘との時間を過ごすことができた事に、改めて感謝を申し上げたいと思います。
    本当にありがとうございました。