停電時・災害時のご使用について

November 05, 2018

*2019年10月7日更新

【太陽光発電システムを設置のお客様へ】

停電した場合に、太陽光発電設備の自立運転コンセントを活用することで、
非常時でも電気を使用することができます。

※ 日射に応じて、出力合計最大 1500W迄 (太陽光発電システムが発電している時間に限ります)

メーカーや機種によって、操作方法が異なりますので、
下記もしくは、お手元の取扱説明書をご確認の上、操作をお願いいたします。
(各メーカーのWebサイトに移動しますので、内容が変更されている場合もございます。)

■ パナソニック(SANYO)
停電時の連携運転と自立運転の切り替え(PDF)

■ カナディアンソーラー
停電時の連携運転と自立運転の切り替え(PDF)

■ 長州産業(CIC)
停電時の連携運転と自立運転の切り替え(PDF)

■ 東芝
停電時の連携運転と自立運転の切り替え(PDF)

※ 電力が復旧した際には、必ず、設定を元に戻してください。

【創蓄連携システムを設置のお客様へ】

リチウムイオン蓄電システム(Panasonic)は、停電した場合、手動もしくは自動で電源への供給を開始します。
設定を手動にしている場合は、取扱説明書記載手順に従って、自立運転を開始してください。

■ 創蓄連携システム(パナソニック)

災害時の取扱いご注意に関しても、安全のため、下記より併せてご確認ください。
災害時の取扱いご注意(パナソニック)