バイパスダイオード機能

November 25, 2016

太陽光電池に、葉っぱや木の枝などの影がかかると、その部分が電流の流れを妨げる抵抗のような働きをします。

その際に、影の部分を通らずに、回り道をするかのように、電流を流す仕組みがバイパスダイオード機能です。この機能によって、影による発電量の低下への影響を最大限減らします。