代表挨拶

「お客さま本位」を貫きながら、社員と一緒に成長していきたい。

株式会社産電の前身は、奈良県で生まれた小さな会社です。最初は数名の従業員からスタートし、太陽熱温水器を販売していました。当時は薪風呂を使っておられるご家庭もあり、簡単にお風呂を沸かすことができる温水器は、多くのお客さまに喜んでいただきました。それから約30年。そんなお客さま方のおかげで、弊社は全国に拠点をもつ企業に成長いたしました。

産電のモットーは、常にお客さま本位で考え、行動すること。
弊社の社員が、営業時に購入や契約を強いることは一切ありません。
私たちが扱う商品は、どれも環境に優しく、光熱費の節約に貢献するものだと自負しています。そして、商品に自信があるからこそ、本当に必要とする方にそれをお届けしたいと考えています。私たちが望むのは、疑問がなくなるまで商品のご説明をさせていただき、ご家族全員が100%ご納得いただいたうえで、商品を導入していただくこと。ご契約に至る・至らないに関わらず、お客さまのご意思とご満足を最優先に考えることが、会社の発展につながると信じています。

私自身も、弊社で20年以上営業職を務めてまいりました。代表になった今でも、忘れられないお客さまはたくさんいます。若かった私を家に招き入れ、励ましてくださった方。「導入して良かった」と、喜びの声をわざわざ届けてくださった方。私を信頼して、ご親戚やお友だちを紹介してくださった方もいらっしゃいました。未熟だった私も、多くの方々に勇気づけられ、助けていただきながら、成長することができました。一つ一つの出会いを大切にすることと、目の前の人のために全力を尽くすことが社員を人として大きく育て、ひいては会社を大きく育てる。それを、お客さまから教えていただいたように思います。

創業から30年以上経ち、長いお付き合いを続けてくださるお客さまも増えてきました。今後は、新しいお客さまへのサービスはもちろん、アフターフォローにも一層力を入れてまいります。「お客さま本位」をめざす姿勢は大切に守りながらも、挑戦を恐れず、新しい視点を取り入れ、会社として大きく発展していきたいと考えています。

株式会社産電 代表取締役社長
金本 大一

ABOUT US

会社概要